制定審査

山篭りしてました。
嘘です。
居合の審査でテンパってました。

審査と名のつくものは3回目で、一度も落ちていないのにまだ初段という不思議。
↑途中で団体を変わって「振り出しに戻る」をやったから。
古流の団体は級がなくて最初の審査がいきなり初段でした。

今年は審査は4月に延びるかもよ、といううわさを聞いてすっかり背もたれに寄りかかっていたら、
剣道の審査の直後に1月ですという連絡が。
け、剣道の審査終わったばっかりなのに。
いつ何時も気を抜いてはいけないという教訓であった。

自転車なんかと同じで、一度覚えたものは体がすっかり忘れるわけではない。
と、同時に稽古を積んできた人かどうかは見ればわかる。
自分よりずっと上のランクの人の審査を見てもわかるくらいだから、
審査員が私などのレベルのものを見たらもっとはっきりわかるに決まっている。

私をしばらく見ていなかった先生方は審査の後で褒めてくださったが、
夏の剣道・居合道セミナーのとき教えていただいた大先生は私の隣にいた人に
「練習しましたね」とおっしゃっていた。
私には「キメがいいですね」の一言だった。
通りはしたけれど、夏からは進歩していないんだろうなあ、私。



あちこちのセミナーに行っていると、
なんだかいつもいる顔、というのがわかってくる。
いつの間にか挨拶をするようになり、話をするようになり、知り合いになっていくのが面白い。
今回は遠路はるばるカナダのセミナーでいつも見かける人たちがこられていた。
わざわざカナダから!と言ってみたけど、
自分だってわざわざカナダまで行っているのか、そういえば。



今日はようやくシャバに出て仕事の後に延び延びになっていた買い物に行ってきた。
ガスヒーターのフィルターとか。
ランニングシューズとか。←小声。

そしてまた我に返って素振りしてみたり。
いま気がついたけど、今の二代目居合刀とやっと関係ができてきた感じだなあ。
二段の審査まで一年、今年はセミナーだけじゃなくて普段からもっと稽古しよう。

喫煙とセルフディフェンス(転載)

キム・テイラー先生の許可を得てブログのエントリーを翻訳・転載します。
元サイト:http://sdksupplies.netfirms.com/001blog.html 1月1日のエントリーより。

*****

セルフディフェンスの精神において、私が今朝ポッドキャストで聞いた情報を紹介しよう。

DNAに最初の変異を起こさせるのに必要なのはタバコたったの5本。

がんを確実に発生させるのに必要なタバコの量は18000箱。

すると、タバコ一箱4ドル前後で買えるらしいオンタリオにおいて喫煙によるがんになるには、$72000かかる計算になる。これは私が24年間の勤務で稼いだ年金とほぼ同じだ。

改めてそこを明らかにしておこう。貴方は$72000の金を払ってがんになる権利を得るわけだ。

これを聞いてタバコをやめるなら、貴方がするセルフディフェンスの行動で最も利益あるものとなる。これで貴方の命を救うと同時に、$72000のお金が入る。

==========

少々、まあ説明のようなものを加えようと思う。私の母は数日前になくなった。母は白血病、糖尿病、腎不全、網膜萎縮、心疾患、それに加えていくつかの病気に苦しんだ。彼女は生涯チェインスモーカーだった。私は心から彼女を愛していたが、この数年というもの自分が望むほど彼女と時間を共に過ごすことができなかった。それはタバコの煙に耐えられなかったからだ。

Raymond Chandler中。

どうもみなさま明けまして。

どうも新年の挨拶って苦手だ。
明けたからって何だ、繋がった毎日じゃないか、と思ってしまうので。
すいません。
お歳暮も忘年会も暮れの大掃除も年賀状もおせちも何もしない人間なので。

その上ちょっとばかり風邪っぴきで熱出したりして、
どこにも出かけられなかったので、
ネットと読書にふけっていました。

読書はもっぱらRaymond Chandler。
嵌るわー。
このぶっきらぼうな文体。
時々唐突にも思えるハードボイルドなユーモアのある描写のセンス。
そのチャーミングさに思わず笑ってしまうことしばしば。

ちょっと気になっている人がいると、
その人の一挙一動を目で追うようになる。
パターンを認識する。
そのパターンの可愛らしさに、またそれを認識できた自分に満足して、
そっと微笑む。
自分と似ているところを見つける。
似ていないところさえも可愛いと思う。
恋に堕ちている間は。←ここポイント。笑

それに似た気持ちで今、Chandlerを読んでいる。

何度目かのFarewell, My Lovely(名作!原語で読めればもちろんそのほうがいいけれど、村上訳もいいですよ。)
を読み終えて、Little Sisterを読み始めました。
まだあと、The Long Goodbyeがあるんだ。ふふふ。
好きな作家のまだ読んでいない本が積んであるのって、豊かに幸せな気持ち。
Profile

剣祐

Author:剣祐
剣の修行中。

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
Kendo
Search Form
RSS
Link