紙の本

そんなに本読むんだったらキンドルとか買えばいいのに、と友達に言われた。

実はキンドルは携帯電話版とPC版はダウンロードしてある。
あるのだが、キンドルに入れている書籍は今のところ無料本、またはキンドル版しかないもののみだ。
それ以外は、紙の本を買う。

キンドルの携帯電話版は便利ではある。
私は電車に乗るときや、待ち時間の可能性のある外出には必ず本を一冊持って出る。それでも持っている本に途中で飽きたとか、鞄から本を取り出すほどでもないのだがちょっと何か読みたいとかいう時は携帯電話をポケットから出せばいい。なくてはならないというほどでもないが、あると待ち時間にできることは広がる。

友達に言われて、ちょっと考えてみたけれど、やっぱり好きなシリーズの本をキンドルだけで読む気にはなれない。
好きな人に直接会うのではなく、ビデオで見ているような気持ちがどうもする。私の本だ、という気がどうもしないようだ。

私は本の背表紙が並んだ書棚に囲まれているのが好きだし、
古い本の匂いも好きだし、
紙の手触りも好きだし、
夜寝床に入って本を読みながら眠りに落ち、朝枕元にその本が添い寝しているのを見るのも好きだ。
読むごとにお気に入りの本がよれて行く様子も好きだ。
いい本ほどくたくたになる。

LPがCDに取って代わられ、さらにはiPODなんかにおかぶを奪われて、今ではコレクターしか集めていないように、いつか紙の本も廃れていくのだろうかと思う。その状況を想像してみたけれど、今でもLPを集めている人がいることを考えると、多分私が死ぬまでは紙の本はすっかりなくなるということもなさそうだ。

うん、私が紙の本に囲まれて死ねれば、それでいいや。



既存の書棚があふれたので先日追加で買った書棚。主に歴史本をここにまとめています。
history bookcase

カナダ居合セミナー

毎年5月恒例のカナダはオンタリオでのセミナーから戻りました。

このセミナーはその時の状況に合わせて毎年少しずつやりかたが変わるのだが、今回は全体で制定12本の模範演武と解説があったあと、すぐにレベル別のクラスに別れた。
無級から初段まで、二段から四段まで、そして五段以上に別れてそれぞれ日本からの先生がお一人ずつ指導につく。ここで私は通訳として五段以上を担当される先生につくことになったので、レベルの高いクラスにひとりみそっかす三段の分際で混ぜていただきました(笑)。小声で言うと、高段者のクラスには居合の理解の深い高段者の通訳がついたほうがいいのではないかと数人に打診したのだがあえなく却下になったのだった。

結果的には私にとっては大変貴重な学びの機会になって、良かったのです。
セミナー中ほぼずっと、敬愛するK先生のおそばにつかせていただいたので。
そして通訳をする都合上メモをずっと取っていたので、これからそのメモを元にノートを作成します。
ひひひひひ。
(数日後の今、自分の字が読めるかどうかが疑問。)



このセミナーの開催地地元のO先生と雑談する機会があった。
「通訳は日本で勉強したの?アメリカで?」
「このセミナーでですよ!」

初めてこのセミナーに来た時に、「誰か英語と日本語両方話せる人いませんか」と先生が募ったら、当時の先輩から背中を押されて集団から押し出され、通訳をする羽目になったのだ。

と、説明した。

「えっ、そうだったの?」
「その前からたまに製薬の通訳バイトはしていましたけれどね。」

以来毎年ここで通訳をしていて、その間にはO先生に「キミは居合より通訳の方がうまいね」といわれ、判りにくい日本語で苦労させて下さった当のT先生には「俺のおかげで通訳上手くなったな」とか言われなが今に至ったのだ。

今は医療の現場を離れて医療通訳で生計を立てている。業務としての通訳は、当然「報酬に見合った仕事をする」という責任があるが、武道の通訳はまたそれとは違った重い責任を毎回感じる。私が言葉の選択を誤れば文化が正確に伝わらない。増して今回の担当は高段者のグループだったので、先生のお話も技術だけではなく深いレベルの話で集中力を要した。



今回は顔は知っているけれど名前は知らなかった人たちと大分ちゃんと知り合いになった。夜、寮のラウンジに顔を出しているうちに、そのままどこかの道場の集まりに流れていって話し込んだり。私は元来人見知りなのだが、クラフトビールの牽引力は偉大だ。笑




ところで、
二年前のこのセミナーは、今の道場に入門してから1年ほど経った時だった。
そのとき私の居合が兄弟子のそれに似てきたと言われて非常に喜んだのだったが、今回は大先生に似てきたと言われました。大幅昇格したぞ。笑
Profile

剣祐

Author:剣祐
剣の修行中。

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
Kendo
Search Form
RSS
Link