読み散らかし11月

もう少し頻繁に書かないと、多分毎回何冊か抜けてる。

Sharon Kay Penman "Lion Heart"
英国王リチャード一世の物語。歴史フィクションは主に4人の作家のものを追って読んでいるが、それぞれにスタイルが違う。Penmanのやりかたの好きなところのひとつは、人物像の描きかただ。単純な悪者なんかどこにもいない。それは完璧な善人と同じくらい不可能な存在だ。知らないから、知ろうとしないから、または知ると都合が悪いから、人は他人を単純な悪者だということにする。ということを、彼女の作品を読むといつも思う。

Gabriel García Márquez "One Hundred Years of Solitude"
これは、私などがいまさら言うのもアレだが、凄かった。
無機物が、有機体に圧倒されていく。
閉鎖されたコミュニティが、外の世界から離れて、つまり「孤独」に営みを続ける話なのだと思っていた。
途中で気がついた。コミュニティだけじゃない、そこに現れる誰もが孤独なのだった。

初代のホセ・アルカディオ・ブエンディアが亡くなるシーンを読んだ直後にNYを歩いていたら、空から黄色いものが沢山降ってきて、私はしばし足を止めて口をぽかんとあけたまま空を見ていた。どうも、NYにはよくある、ビルの屋上の植木から落ちてきた枯葉だったようなのだが、それがわかるまで私はマコンドに引きずり込まれたような気持ちがした。この本にはそういう力がある。

Sharon Kay Penman "Time and Chance"

Henry IIとEleanor of Aquitaineの物語。
まだ序盤なので感想はいずれ。

Philippa Gregory "Earthly Joys"
King James Iと King Charles Iの物語。うちの近所のスーパーの出口に、古本交換所みたいなものがある。不用になった本を置いていってもいいし、読みたいものがあれば1ドル置いてもらってくる。たまったお金は「ファンドレイザー」に使われると書いてある。やや怪しいが(笑)、たまに掘り出し物があるので買物の度に覗いてくる。本との出会いもタイミングだしね。これはそういう風にして見つけた本。

これもまだ序盤なので感想はいずれ、にする。
Gregory の描く人物は、Penmanのそれが全体に思慮深くて思いやりのあるトーンになるのに比べて、頭の回転の速い、情熱的なトーンになる傾向がある、と思う。どちらがいいというより、好みの問題ではあるが。

Mary Roach "Stiff: The curious lives of human cadavers"

これはですね、少々ミーハーな動機で手に取りました。笑
好きな俳優さんがインタビューで、今読んでいる本として紹介していたので。
これも読み始めたばかりで、ひとまず出だしは、寄贈された献体の頭部が、形成術の練習に使われている場面から始まっている。ううむ、題材は面白いんだけれど、どちらかというと全く分野外の人に向けて書かれているという感じで、今のところ電車で時間つぶしによむにはいいか、という印象かな。

JRR Tolkien "The Fall of Arthur"
え?ええ、まだ。笑
古い英語の部分をよむのは一苦労なのだが、音読すると解決したりするのが面白い。
昔の英語はスペルが定まっていなくて、耳で聞いたように書く傾向があるとどこかで読んだ。
大体こんな調子だ。

'for I am sure', sayde the kynge, 'whan he hyryth telle that sir Gareth is dede he wyll go nygh oute of hys mynde'. 'Merci Jesu,' sayde the kynge, 'why slew he sir Gaherys and sir Gareth? For I dare sey, as for sir Gareth, he loved sir Launcelot of all men erthly.'



読み返してみた本一冊。
川上弘美「どこから行っても遠い町」
私の人生の今の位置にちょうどしっくり来る作品だと思う。
つい数ヶ月前に読んだ時よりも、いま強くそう思う。
この数ヶ月で年をとったのかもしれない。
川上さんの文章には紬の着物のような美しさがあって、寄り添っていてほっとする。
一緒にいる人もそんな風がいいと思うのは、やっぱり年を取った証拠かもしれない。

初フルマラソン

2013フィリーフルforblog

いよいよフルに挑戦してきました。
ま、正直なところ、「曲がりなりにも自力でゴールした」というだけの成果でした。
今回の目標は「完走」だったので、達成したという解釈もできれば、「お前大分歩いたからダメ」という解釈もできます。ゼッケンを取りに行く段階で渡される「26.2」(マイル)のシャツを一応後ろめたいことなく着られることと、完走メダルをもらえたのはようございました。

レース前に少々水を飲みすぎてスタートからまもなくトイレにいきたくなったり、いつもならトラブルの出ないようなかなりの序盤からスティッチ(走っていて脇腹などが痛くなることですが、日本語ではなんていうの?)が出たりで、ストレッチがてら一旦休まなければならなかったりで色々ケチのついた始まりでしたが、自分以外誰も悪くない。(ランニングの好きなところのひとつは、大抵何があっても自分以外誰のせいにも出来ないところだ。)
その割には、というよりむしろだからこそ「まあ目標は完走だし」と開き直ったのか、楽なペースを保ちつつ景色を楽しむ余裕もあった。前半は去年のハーフマラソン(←リンク)と同じコースなのにやっぱり目新しくて、私ほどきょろきょろしていた地元の人はそういなかったのではないかと思われます。笑

そんなこんなで所々歩いてしまったのですが、あと4マイルを残すところで脛がつってそれがおさまるまで道路わきの草地に寝転んでのた打ち回ることになり(脛なんてつったの初めてで、どうやったら治るのか分からず押したりひいたりしていた。ああ痛かった。)、そのあとは再発を恐れてしばらく徒歩にしました。最後1マイル半ほどを何とか走りに戻してゴール。全体に情けない経過でもゴールが近づいた時は結構じーんと来た。うちで最も運動音痴だった私が、家族が誰もやっていないフルマラソンをやったのはやっぱりちょっとしたアチーブメントだ。

去年応援に来てくれた「一緒に走るはずだったのに申し込みが間に合わなかった友達」は、今回私に乗せられてやはり初のフルで参加したのですが、会場ではお互いを見つけられず。終わってから携帯に「きつかったわー」とメッセージが来ていた。一度で沢山だそうです。笑

私は1週間ほどたっぷり休んだら、来年に向けてまた調整を始めますよ。
フルを走ったらくたびれはててもう沢山だと思うかな、実際そういう友達もいたし、と走る前は危ぶんでいたのだが、やる気満々だ。

来年どうしよっかな。NYCとかハワイという手もあるんだけどな。
ロンドンは4月でもう締め切っているので行くなら再来年だし。
でもボストン(←ある程度早い記録がないとそもそも申し込めない)は遠いわ。笑
Profile

剣祐

Author:剣祐
剣の修行中。

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
Kendo
Search Form
RSS
Link