もたもたでも自由で軽い

ぼちぼち走ってはいます。
主に墓地を。

この頃公私ともに、自分で考えているだけでは解決しない種類の悶々とする事柄が多い。
もうすぐ禿げるかもしれない。
それでも、悶々としながらランニングシューズをはいて坂を上って、
突き当たりのいつもの公園墓地に一歩踏み入れると、自由だ。

大きく息をつく。
顔が笑う。

私はどんな基準で考えても決して優れたランナーではない。
ないが、走るのは好きだ。
歩いていて体が重くても、走りに切り替えるととたんに軽くなる。

今日は仕事を定時に切り上げて、職場の近くの川沿いをはしった。
ランニング用品一式は常備しているのだが、
今日はそもそもランニングシューズをはいていたので、
着替えだけしてそのままの靴で。

軽い軽い。
何だこれ。
同じ靴なのに、やっぱり走ると軽いんだよ。

川沿いは色んな花が咲いていて、
登りたい岩も何箇所かあって、
ボートを練習する人たちの様子も目に涼しく(本人たちは暑いのだろうが)、
"On your left!"と声を掛けながら追い越していくサイクリストの尻も素敵で、
なかなか楽しい道中でした。

そんなわけで、相変わらずはしってます。
もたもたと。

Profile

剣祐

Author:剣祐
剣の修行中。

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
Kendo
Search Form
RSS
Link