カナダ居合道大会 その2。 今度こそ居合の話。

前のエントリーはSSお姉さまの話で手一杯で、ひとつも刀を抜かないまま終わってしまいました。
講習の記録なのに。気を取り直して、居合の話をしましょう。今度こそ。

カナダの剣道連盟としては初の大会とそれに伴う講習会は、3日間の日程で中日の大会を挟んで、初日が主に審判講習、最終日が「大会からの学びを踏まえての講習」というちょっと面白い日程でした。



初日の審判講習自体の対象は審判をできる段位の人たちで、まずはそれ以外の参加者が「選手」として演武をし、審判が審判の練習をする形式でした。全日本剣道連盟からの派遣の先生お二方が二つのコートに分かれて指導されたためもあって、審判の規則についての全体への伝達は少なく、私は短い間K先生の通訳を務めさせていただいた間に内容が聞けたのが勉強になりました。まだ審判をする段位ではない人にも、将来その役割を担うにあたって、また、選手として参加するにあたっても審判のことを知るのは勉強になると思うので、もう少し全体に伝達できる方法が望ましいかなと思いました。

午後後半は、H先生率いる三段までとK先生の四段以上に分かれての制定居合講習。
K先生とH先生のおふた方が来られると、どちらも大好きなのでクラス分けのときにどちらに転んでもアンビバレントな気持ち(笑)になるのですが、今回はH先生が久し振りで嬉しかった。ここ数年、K先生のいらっしゃるときには通訳で高段者のクラスに入ることが多く、自分のレベルを超えたところの教えをうかがうことが続いていたので、自分のレベルに合った稽古ができてちょっとほっとしたり。制定居合の教本などあらゆるところに書かれていることだけれど、三段までに「正しい」動作ができていなければその先どうにもならないもんね。



二日目、大会。
剣道連盟主催の第一回のカナダ居合道大会である今回は、選手として出場できるのはカナダ連盟員のみでした。そのため私達6人のUSメンバーはお手伝い要員。N先生は写真を(プロですが全くのボランティアで)、SS先生は審判を、私はスコアリング周辺の雑用を担当しました。これが意外に面白かった、というのは変かもしれないけれど、やってよかったとすごく思った。ラウンドロビンで数を絞ったあとシングルイリミネーションに切り替えるやりかたで、時間はややかかるけれど、これだと少なくとも皆2度の試合ができる。ラウンドロビンは(他所は知らないけれど私の経験では)剣道の大会でしばしば見たけれど、いざ裏方をするとなると混乱して、スコアリングテーブルに座るのがとてもストレスだった。それが今回の手伝いで、よく判っている人の後を付いて回っていたら霧が晴れるように明らかになった。お手伝いも結局は自分のためなのだな。

USの大会は主に人数の都合で今のところ一級と初段とか二段三段が一緒のグループだが、時間さえ許せばラウンドロビンを取り入れれば段位別にできるんじゃないかね、せめて級レベルだけでもね、と、後でお姉さま方と話し合いました。ひいては、いずれは北米(カナダとアメリカ)大会や国際大会に発展させたいという話にまで。こうして将来の展望を話し合うきっかけとしても、お手伝いをしたのはよかった。

毎年行くオンタリオのセミナーでは見ない西海岸の顔で、しっかり揺るがない居合を抜く、いいなとおもった選手が数人いた。そういう選手にはちゃんとそう言いに行きました。いずれお手合わせする機会もあるといいな。

ところでこの大会はトロントの日系文化会館というところで開催されていて、こういう施設があるというのがまず羨ましかった(売店で赤いきつねとか売ってるしさ)のだが、お昼にお弁当を持ってうろうろしていたら、館内のガラス張りの道場で弓道の稽古をしていたのでそれを眺めながらランチという贅沢もしました。
弓道も、写真で見るとそれほど感じなかったけれど、目の前にするとやってみたくなるな。



三日目。
午前中は日本からの先生方が高段者の審査に入られるため、カナダの高段者が中心に指導しての稽古でした。
三段以上のグループは、何年も前から毎年5月の講習で顔を合わせるのにあまり話をしたこともなかったカナダ人女性の先生が指導され、途中から彼女の促しでSS先生も指導に加わって、私は内心「指導者が女性ふたり…」とにんまり。このカナダ人の先生の指導がかなりわかりやすくて、目からうろこの場面がいくつかあって面白かった。複数の先生に教えを受けると混乱することもある(特に初心者だとね)けれど、こんなこともあるので時々外にでるのはやはりいいものです。

審査が終わって戻ってこられた先生方はその後しばらくカナダの指導者が指導をするのを見ておられ、その後K先生の指導で全体の稽古になりました。

今回はK先生に間と間合いの問題(気持ちが入ってわざが早くなったら血ぶり、残心をよりゆったりすることなど)と、血ぶりの注意を受けました。大勢の中にいても、毎回ちゃんと見ていてくださるのはありがたいことです。

(←ここ、アメリカの旗とかはあるけど、カナダのはないのな。)

さて、この記念すべきカナダ剣道連盟第一回の居合道大会を中心になって準備、運営していたのは友達夫妻でした。あいにくP君の方は当の週末が大学院の日程の都合で不在となり、奥さんのHちゃんがすごいパワーを発揮して全日程駆け回っていました。駆け回りながらも大会にも参加して三段の部で三位に入賞。この夫妻はいずれカナダの居合を支える石になる、という、前々から思っていたことをさらに確信しました。

Hちゃんが夏に東京のH先生を訪れ、稽古に励んだばかりか大会にも参加していたのは知っていたのですが、その目的の一部がこの大会の準備にあたっての勉強(自費で!)だったのは後で知りました。
それを通して、以前からのH先生との信頼関係がますます深まっているのが傍目にもはっきりと見て取れました。いいなあ。



そんな風で、盛りだくさんで、居合の稽古の面でも、大会運営に関しても、それから人的交流の面でも、勉強になることの多かった、そして最初から最後まで楽しかったイベントでした。私の学んだこと、成長の度合いは、Hちゃんが成し遂げたそれに比べたらほんのわずかなものだよなあ、とも思うけれど、学びは一人ひとりのものだからね。
忙しくてあまり時間が取れないながらも、イベントの前後を通じてHちゃん夫妻と以前より突っ込んだ話し合いもできて、連盟うんぬんのフォーマルな組織を度外視しても、友情を基盤にして今後カナダとUSの結びつきが深くなり、一緒に成長できる予感が強くして、それも嬉しいです。



最後に、会館に貼ってあった和太鼓の演奏会のポスターの、褌一丁の男性の後姿が余りにも素敵で、もう少しでポスターを盗むところだったことを記しておきます。って書いておくと、くれたりしないかな。JCCCさんw


Post a comment

Private comment

No title

居合いの事はわからなくても、面白かったよー。
何かを学ぶ事の楽しさがすごく伝わって来ました。
もう居合いを何年やってるんだっけ?
こういうのめり込める趣味を見つけられるっていいよね。

Sakiちゃん

ありがと~ん。
何年だろう?10年くらいになるのかね?
極たまにこんなとき、残しておけばよかったと思う楽天ブログw

始めた時は、これが人生の核になるとは思っていなかったよな。
Profile

剣祐

Author:剣祐
剣の修行中。

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
Kendo
Search Form
RSS
Link